熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

雑談

後見人

「こうのとりのゆりかご」に預けられた子供の未成年後見人である叔父が、その子供の財産約6、000万円を使い込んだとして、業務上横領の疑いで書類送検されたそうです。
後見人は、家庭裁判所から選任され、後見される人の財産を管理し、その財産をできるだけ維持することを任務とする人をいいます。
かつては、今回の事件のように後見される人の親族から後見人が選任されることが多かったようです。
しかし、今回の事件ほどではないにしろ、後見される人の財産を使い込む例が散見されるようになりました。
そのため、現在では、家庭裁判所が、後見される人の親族を後見人に選任することはほとんどなくなりました。
現在では、弁護士、司法書士、社会福祉士という資格を持った人から後見人を選任することがほとんどとなっています。
弁護士であっても、後見選任申立の代理人となった弁護士が後見人に選任されることはないと聞いています。
後見される人の財産を処分するために後見申立をしようと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、現在ではそのような目的を実現するために後見申立を利用することはできなくなっています。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。