熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

雑談

法律の力

市民相談がありました。
市民相談は、市民であれば無料で利用できる法律相談です。
「~を要求することができますか?」という質問はよく見られるご相談です。
このような場合、できるといえばできるし、できないといえばできないというような回答になってしまうこともあります。
つまり、権利としては認められる可能性があるという意味では、「できる。」という回答になり得ます。
例えば、「5万円の支払いを請求できる。」などのような回答です。
これに対して、回収ができるかどうかのいうレベルで考えるならば、「できない。」という回答になることもあります。
例えば、相手方の資力などによっては、たとえ判決をとったとしても回収ができそうにないような合には、回収できないリスクを考慮しなければならないでしょう。
請求権は、相手方が自発的に請求に応じないときには、裁判所の訴訟や調停という裁判所の手続を利用し、判決、和解調書、審判、調停調書を得ます。
それでも、相手が自発的に請求に応じないときには、判決などに基づき強制執行という手続きをとります。
このような方法によって、請求権という権利の内容を実現します。
強制執行ができないのであれば、相手方が自発的に応じない限り、請求権の内容は実現できないことになります。
他方で、相手方の資力があっても、回収できないこともあり得ます。
例えば、先ほどの例の「5万円を請求することができる。」というような場合、権利としては5万円の請求権があるという意味です。
では、相手方が自発的に5万円を支払わない場合、最終的に裁判所に訴訟を提起し、さらに強制執行をしてまで回収するかどうかということは、この手続に費やす費用、時間、手間を考えて決断する必要があると思います。
弁護士の発言として不謹慎であるとの批判を覚悟していうならば、法律は時としてその力を発揮できないこともあります。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。