熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

刑事事件

偽調書事件

早い時間のインターネットのニュースでは、北海道の警察官が虚偽調書を作成して逮捕という見出しが流れました。
検察不祥事を追い風にして取調べの可視化を弁護士会は要求していますが、従来の取り調べ手法にもメスが入ったかと思いました。
警察の取り調べを受けた経験がある方であれば理解できると思いますが、警察、検察が作る調書は、取調官の目の前で黙って頷いていれば、自動的に取調官が作ってくれます。
調書の大部分が取調官の作文です。
調書(ここでは供述調書)は、供述者(取り調べを受けている人)の認識を聞き取った者を記載した書面ですので、供述者の認識と異なる調書は虚偽調書だと思います。
そのような取り調べにメスが入ったのかと思いました。
しかし、ニュースをよく読むと、虚偽公文書作成ではなく、公文書偽造の事件でした。
虚偽公文書作成は内容が虚偽の公文書を作成することです。
勝手に文書の名義人の知らないところでその名義人の文書を作ることが文書偽造です。
内容が虚偽の私文書を作成することについては、裁判所や警察署などに提出する診断書を除いては犯罪になりません。
これを犯罪とすると小説家の皆さんはすべて犯罪者になってしまいます。
私文書偽造も、重要な私文書に限って、犯罪としています。
話はそれましたが、偽調書事件は、取り調べもしないで調書を作成していたそうです。
黙って頷かせるだけでも、目の前に供述者が座っていなければならないということでしょう。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。