熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

不動産

沈黙は鉛

「沈黙は金」という言葉があります。
多弁を戒める言葉です。
しかし、法律の世界では、「沈黙が金」であることはあり得ません。
10年近く前のお話になりますが、裁判で、必要なことを述べずに、裁判所がご自分の気持ちを分かってくれなかったと悔しがっていた方がいました。
裁判所は、当事者が言わないことは分かりません。
推して量るようなことをしてくれません。
裁判所に分かってもらうためには、積極的に述べる必要があります。

ところで、所有権という権利があります。
所有権は、何年、何十年が経過しようと、消滅したり、制限されたりしない権利です。
ご自身の所有物は、永遠にご自身の所有物です。
これは、他の権利と大きく違うところです。
他の権利は、権利を行使しなくなって一定の期間が経過すれば、消滅時効といって、時間が経過すれば当然に消滅するわけではないのですが、消滅時効の利益を受ける人が、消滅時効の利益を受ける意思を表示すれば、行使していなかった権利はなくなります。
しかし、所有権は、消滅時効によって消滅することはありません。
他方で、取得時効という制度があります。
これは、一定の期間にわたって、事実上の支配・使用が継続した場合、その支配・使用していた人に権利を認めるという制度です。
例えば、他人の土地と分かっていても、その土地に家を建てて土地の支配を20年間継続し、取得時効の利益を受ける意思を表示すれば、その土地の所有者は、その支配していた人になります。
この結果、元々その土地の所有者であった人は、その所有権を失うことになります。
ですので、必要に応じて、自らの権利を主張しなければなりません。
沈黙をしていると、損をすることになります。
なお、このような時効を止めるためには「請求」をしなければなりませんが、これは基本的に裁判を起こすことです。
苦情を言うだけでは足りませんのでご注意ください。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。