熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

借金問題

ご注意ください。

かつて消費者金融から借り入れていた経験のある方にダイレクトメールが届いているようです。
内容は、過払い金回収に関するものでした。
見せてもらいました。
わざわざ東日本から送られていました。
その中には、わざわざ「弁護士、司法書士に依頼すると手数料が高いです。」という記載までありました。
ということは、このダイレクトメールを送ったものは弁護士、司法書士ではないのです。
弁護士法72条では、弁護士でないものが過払い金請求を代理業務とすることを認められていません。
しかし、例外的に、140万円以内の過払い金請求については、簡裁代理権を有する司法書士が代理業務を行うことを許容されています。
すなわち、弁護士、司法書士でないものが、過払い金請求の代理業務を行うことはできず、これを行うと2年以下の懲役又は100万円以下の罰金の処罰を受けます。
もちろん、弁護士、司法書士でないにもかかわらず過払い金回収を行うものの素性次第では、途方もない不利益を被る危険性もあります。
費用が心配であれば、納得のいくまで弁護士、司法書士から説明を受け、納得のいく弁護士、司法書士に依頼するべきです。
どこの馬の骨とも分からないものに依頼するべきではありません。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。