熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

離婚

離婚調停

離婚をしようとする場合、裁判所を利用しない協議離婚と裁判所を利用する手続きがあります。
裁判所を利用する手続きには、調停を利用しての離婚と裁判を利用しての離婚があります。
離婚調停を利用していなければ離婚裁判を起こせません。
裁判所を利用する手続きの入り口にあるのが離婚調停です。
そして、裁判を利用した離婚は、和解で離婚する和解離婚と判決で離婚する判決離婚があります。
さて、判決離婚のためには、民法770条1項1号から5号に定められている項目(離婚原因)に該当する事実があることが必要です。
これに対し、協議離婚から和解離婚までの離婚についていえば、離婚原因は必ずしも要しません。
当事者の合意があれば、離婚することができます。
調停離婚であっても、本質は協議離婚と大きな違いはないと思います。
すなわち、離婚調停も相手の合意を得るための交渉でしかないといえます。
もちろん、判決離婚ができる事情があり、離婚裁判を起こすために離婚調停を利用しているような場合には、相手の合意を得る必要はそれほど大きいとはいえないことも少なくありません。
しかし、離婚調停を成立させようとするのであれば、交渉の基本であるギブアンドテイク的な発想は必要です。
例えば、離婚に応じるのであればある程度の金銭を交付するなどです。
この視点を欠いた離婚調停が成立することはないと思います。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。