熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

離婚

ファミリーネーム、苗字や姓と呼ばれるものを民法では氏といいます。
氏は生まれにより定まります。
自らの意思で決めることが原則としてできません。
しかし、いくつかの場合には氏について選択できる場合があります。
まず、婚姻のときです。
婚姻のときに、夫または妻の氏のどちらかを選択することができます。
このとき、夫が妻の氏を名乗ったからといって妻の親の養子になることを意味するものではありません。
次に、離婚および離縁のときです。
婚姻または養子縁組で氏を変えた方は、離婚または離縁のときに婚姻前、養子縁組前の氏に戻ります。
しかし、離婚または離縁で氏が戻る方が、離婚または離縁から3か月以内に届け出ることで、婚姻中または養子のときに称してた氏を称することができます。
そして、両親が離婚して氏を変更した子です。
その子は、成人した後1年以内に届け出ることにより変更前の氏に戻ることができます。
これ以外のときに氏を変更するには家庭裁判所の審判で認められる必要があります。
この審判で氏の変更が認められることは簡単ではありません。
離婚するときに、お子さんの学校生活での不便を考えて、婚姻中の氏を称する方は少なくないようです。
そして、そのような方の中には、お子さんが学校を卒業した後に婚姻前の氏に戻れると考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、その場合には、審判で許可される必要がありますが、氏の変更が実現できないことが多いです。
氏を婚姻前に戻すか、婚姻中の氏を名乗るかは、一過性の事情でなく、ご自身の永続的な事情を基に判断されるべきでしょう。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。