熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

雑談

人の振り見て・・・

熊本県で司法書士が戸籍謄本や住民票を不正に取得したというニュースがありました。
戸籍謄本や住民票の取得では、運転免許証などによる本人確認がなされます。
そのため、基本的には第三者の戸籍謄本や住民票を取得することはできません。
しかし、弁護士や司法書士には、第三者の戸籍謄本や住民票を請求できる職務上請求書というツールを使うことができます。
これはその名称の通り、弁護士や司法書士としての『職務に関して』戸籍謄本や住民票が必要な場合に、その必要な戸籍謄本や住民票を取得するために使います。
ときには、戸籍謄本や住民票の取得だけを依頼したいという方もいらっしゃいます。
しかし、戸籍謄本や住民票を取得すること自体を目的に職務上請求書を使用することはできません。
それは、弁護士に対する信頼を失わせることになります。
しかし、弁護士大増員により、『喰えない』弁護士が増えれば、件の司法書士のようなことをする弁護士も登場するかもしれません。


一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。