熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

雑談

ケース先生

司法研修所で、裁判官教官から「ケース先生」という言葉を聞いたことがあります。
ケースという名前の人がいるわけではありません。
「ケース・バイ・ケース」の「ケース」です。
日本語に訳すると「事件先生」です。
事件を通じて知識や見識を身につけていくという意味です。
裁判実務や法律解釈について多くの専門書が出ています。
しかし、そのような専門書の知識だけでは身につかない知識や見識があります。
事件を経験しなければ分からない知識・見識があります。
裁判官、検察官、弁護士と立場は違いますが、どの立場であっても、事件を経験しながら賢くなっていくということはいえます。
まさに「ケース先生」です。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。