熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

雑談

初回相談料

平成23年7月から、私の事務所での相談が初回となる法律相談の相談料を無料としています。
これは、借金問題とか、離婚とか、交通事故といった分野を特定して行っているものではありません。
また、私が実施している無料法律相談に来て頂いて、さらに私の事務所までご足労頂いた方の法律相談についても、事務所における初回の法律相談であれば、相談料を無料としています。
しかし、これは、私が、法律相談が有料であることが間違っていると考えたからではありません。
学校や塾で、進路や授業内容で分からないことを尋ねると、その尋ねたことを答えてくれます。
しかも、対価を支払うことなく教えてくれます。
また、行政機関などで相談をしたときも、対価を支払う必要はありません。
そのため、相談をするのに対価を支払うことになれていない方も少なくないように思います。
ところで、弁護士が法律相談での助言の基礎となる知識については、無償で獲得できるもんはとても少ないです。
例えば、条文の知識にしても、基本的な六法は毎年購入しています。
また、特定の法分野についての六法も、更新がなされるたびに購入しています。
さらに、実務書も不定期的に購入しています。
そして、判例についても、ウエブサイトを利用して検索するのですが、このウエブサイトというのがID、パスワードでログインする必要がある有料のサイトです。
これらの費用に、私は年間100万円程度を費やしています。
さらに、相談内容に適合する情報を、書籍、判例サイトから検索する時間が必要になります。
このように、弁護士が法律相談で行う助言の基礎となる知識については、ほとんど有料で獲得しているのです。
普通に考えれば、自らが有料で獲得したものを他者に有料で与えることに何ら不自然、不合理はないのです。
医師によるセカンドオピニオンは有料です。
法律相談における助言ほど根拠が科学的ではない占いでも、占い師のところで行われる占いも有料です。
だから、私は、法律相談が有料なのは合理的だと思っています。
ただ、私の事務所での相談が初回となる法律相談の相談料が無料であることについては、しばらく続けていこうと思っています。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。