熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

借金問題

司法書士の過払い金請求

過払い金請求をした東京の司法書士が逮捕されたそうです。
念のために申し上げますと司法書士が過払い金請求をしてはならないということはありません。
簡易裁判所で代理人業務ができると認定された認定司法書士という者があります。
この認定司法書士であれば、過払い金請求はできます。
では、件の司法書士はどうして逮捕されたのか。
原則として法律事務の代理業務を行えるのは弁護士だけです。
ですので、過払い金請求業務を行えるのも弁護士だけであるのが原則です。
しかし、簡易裁判所の管轄に属する法律事務については、例外的に認定司法書士が代理業務を行うことができるのです。
そして、簡易裁判所の管轄は、請求額が140万円以内の法律事務です。
従って、140万円以内の過払い金であれば、認定司法書士でも、過払い金請求業務を行うことができるのです。
ちなみに、この140万円は、請求額であり、回収額ではないと理解するべきです。
なぜなら、地方裁判所で140万円超過の請求をしても、和解や判決で140万円以内になることがあります。
回収額が140万円以内であればよいのであれば、地方裁判所や高等裁判所でも認定司法書士葉代理業務をできることになりますが、実際にはそのようになってはいません。
ですので、請求額が140万円以内と解釈するべきなのです。
件の司法書士は、140万円超過の過払い金を請求する業務を行っていたために、弁護士法に違反するとして逮捕されたのです。
ところで、それ以上に驚いたのはその報酬です。
なんと過払い金の40%近い報酬を得ていたようです。
一般的には弁護士より司法書士の方が費用が安くて済むと思われているのではないでしょうか。
実は、弁護士よりも高い報酬や弁護士とそれほど変わらない報酬を得ている司法書士もいるのです。
イメージだけで選ぶのではなく、正確な情報をもとに選ぶようにするべきです。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。