熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

借金問題

早すぎる安心

自己破産であろうと、個人再生であろうと、任意整理であろうと、債務の整理を弁護士に依頼すると、依頼を受けた弁護士が依頼を受けたとの通知(受任通知)を貸金業者に通知します。
そして、弁護士が依頼を受けた場合には、依頼者の方には、任意整理の場合でも、案件の処理が終了するまで支払を停止して頂くようにお願いします。
債務整理を依頼する方は、貸金業者の取立てや毎月の支払の重圧に耐えられずに弁護士に依頼する方が多いです。
そのため、弁護士に依頼した結果、取立てや支払が止まると、それだけで問題が解決したと錯覚して安心する方もいらっしゃるようです。
債務が残る任意整理の場合、支払を止めるのは一時的なものです。
そして、債務が残る任意整理の場合、債権者にお願いをしなければなりません。
仮に裁判になれば、貸金業者は、支払を止めていた間の利息や支払ってしまうまでの利息を支払わなければなりません。
それに、判決になれば一括払で支払うことを命じられます。
それを任意整理では、元本均等払いでの支払を原則として交渉をします。
このような交渉は、あまり時間を置けば置くほど成功の可能性が低くなります。
さらには、近頃は貸金業者もそれほど待ってくれなくなっています。
貸金業者は、弁護士が介入した後の取立行為を制限していますが、裁判上の手続を利用することまでを制限していません。
だから、弁護士が介入しても、貸金業者は適法に貸金請求裁判を起こすことができます。
そのため、取立や支払が止まっても、安心するのは早すぎるといえます。
ただ、債務整理を依頼する方で、裁判所から支払を命じら得れる判決を下されることにより、実質的に不利益を受ける方は、決して多くないといえます。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。