熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

借金問題

言われるのであれば

多くの負債を抱えている場合、自己破産は強力な解決策となります。
しかし、自己破産をしてご自身の負債についての責任を免れても、保証人の責任がなくなるわけではありません。
そこで、保証人に迷惑をかけたくないと自己破産をためらう方もいます。
ところで、自己破産をすれば、自由財産の制度はありますが、原則的には財産を失います。
土地や建物といった不動産に至っては高い可能性で失います。
都市部にある不動産が残ることはありません。
その不動産が、いくら先祖伝来の由緒正しい代物であってもです。
すると、ここで親族がしゃしゃり出てきたりすることがあるようです。
先祖伝来の土地を失うことはまかり成らないとでもいうのでしょうか。
では、このしゃしゃり出てきた親族が、破産状態にある方の負債をすべて払って解決するかといえば、そのようなことをされる方はまだ見聞きしたことがありません。
まだ、保証人の方が自己破産を止める方が、親族が無責任に自己破産を止めることよりも、理屈が通る可能性を探すことができます。
破産状態にある方に、親族が安易に金銭的援助を与えてその負債を消すことは、その方の経済的更生に役立つ可能性の低い方法ですので、私は決しておすすめしません。
ただ、無責任に自己破産をお止めになることも、私は感心しません。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。