熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

借金問題

自己破産を弁護士に依頼したメリット

最近、依頼者の方に、よく、「お忙しいのに」と言って頂きます。
依頼者の方から見ると私が忙しそうにしているように見えるのでしょうか。
確かに暇ではありません。
他方で、忙しいからと言って省くわけにいかないこともあります。
その1つに、免責審尋の立会があります。
破産する人にとって、裁判官の前にいることに対する緊張があります。
また、集団免責の予定が直前で個別審尋に手続が変更になることもあります。
そのように個別審尋になったときに、弁護士の存在は心強いものとなります。
これは、部屋に入ることさえ許されていない司法書士と弁護士との大きな役割の違いを象徴するものです。
自己破産の依頼を受けたときには、集団免責であろうと、その手続に立会することは、依頼の仕上げとして欠かせないことだと思います。
忙しければ行かなくてもよいというものではありません。
ところで、先日、債務整理で有名な東京の弁護士が申立代理人になっている自己破産が熊本地裁でありました。
ちなみに、日弁連前会長も債務整理で有名ですが、前会長ではありませんでした。
東京から審尋に立会するためにわざわざ熊本地裁に出頭したのでしょうか。
もし、その弁護士が立会していなかったのであれば、その弁護士の依頼は、司法書士でなく弁護士に依頼したメリットの大部分を得られなかったと思います。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。