熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

雑談

大丈夫!かな?

少しご無沙汰している依頼者の方から良く掛けられるお言葉に「お忙しいんでしょ」があります。
ナズナ想の更新がご無沙汰気味なので、そう思われるのでしょう。
これまでの日本弁護士連合会の刑事弁護センターなどの委員に加えて今年度は熊本県弁護士会の副会長をさせて頂いていますので、忙しくないことはありません。
ただ、これまで興味がなかったイベントにも参加する機会が出て、思いもかけない収穫を得ることができたこともあります。
そういえば、先日、大先輩の弁護士を囲んでお話を聞くイベントがありました。
多くの興味深いお話を聞くことができました。
その中で、次のようなお話しがありました。

「負けると思って受任した案件はやはり負ける。
勝つと思って受任した案件でも半分は負ける。」

勝つとか負けるというのは、裁判で勝つとか負けるとかのことです。
たしかに、負けそうだなと思って依頼を受ける案件では負けていることが多いように思います。
そして、勝てそうと思って依頼を受けた案件でも、負けてしまうことがあります。
これは、相手方の主張や持っている証拠を知ることができないまま、依頼者の話だけを聞いて裁判を起こすのですから、仕方ないといえば仕方ないことです。

以前、私が弁護士と知った人から、「『大丈夫!』と言って引き受けてくれるんでしょう」といわれたことがあります。
それほど世間一般からかけ離れたイメージでもなさそうです。
「大丈夫!」というのは、「勝てます!」という意味合いでしょうか。
しかし、先ほどお話ししたように、勝てそうと思って依頼を受けても負けることはあります。
それを「大丈夫!」と言って依頼を受けることは、未公開株を「必ず値上がりする!」と騙して売りつける商法とあまり変わらないような気がします。


一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。