熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

雑談

首相公選的総選挙

かつて、衆議院銀総選挙は、1選挙区から複数の議員を選ぶ中選挙区制を採用していました。
この制度では、政党に投票するというよりも、人に投票する色彩が強いため、総選挙終了後に誰が総理大臣に選出されるかは、総選挙後の与党自民党内の派閥力学により決まっていましたので、国民が投票をするときには誰が総理大臣に選出されるかはあずかり知らぬことでした。
当時のニュース番組の街頭インタビューで、総理大臣の選出に国民が関与できるようにしてもらいたいという希望を述べる方もいました。
現在の小選挙区制では、人に投票するという色彩は薄れ、政党に投票するという色彩が強くなっています。
特に、前回・今回の総選挙では、総選挙後に誰が総理大臣に選出されるかが分かりやすい選挙でした。
前回であれば、自民党が勝利すれば麻生太郎氏、民主党が勝利すれば鳩山由紀夫氏、今回であれば民主党が勝利すれば野田佳彦氏、自民党が勝利すれば安倍晋三氏いうように。
国民が総理大臣を選出する性格が強くなっていると思います。
内閣総辞職したときには必ず衆議院総選挙が行われることが制度化されるならば、より首相公選制的総選挙の性格が強くなると思いますが、政治家の皆さんはそこまでは考えてくれないでしょうね。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。