熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

雑談

判決の読み方

画期的な判決が出ると、マスコミで大きく取り上げられます。
すると、その判決を原則と思う方も少なくないようです。
例えば、自ら不貞をして婚姻を破綻させた配偶者を有責配偶者と言いますが、有責配偶者からの離婚請求については、できないというのが昭和27年2月19日の最高裁判決(「踏んだり蹴ったり判決」)以来の判例の理解です。
ところが、昭和62年9月2日に最高裁が有責配偶者からの離婚請求を認める判決を下しました。
この判決が報道されたころには、有責配偶者である方が、ご自身の離婚請求も認められると思われたことでしょう。
しかし、この昭和62年9月2日判決を読んでみますと、①同居期間に比べて別居期間が相当長期間であり、②夫婦の間の未成熟の子がなく、③離婚によって離婚を請求された配偶者が過酷な状況に置かれるような特段の事情がないときには、有責配偶者の離婚請求を認めることができるというないようですので、原則としては有責配偶者からの離婚請求は認められず、例外的に①、②、③の条件に該当する事実があれば有責配偶者の離婚請求が認められると読むべきなのです。
報道された判決の結果だけを見るのではなく、その判決が例外的な結果であれば、その結果が導かれる理由として挙げられた条件に当てはまる事実があるかを検討する必要があります。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。