熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

契約

署名・押印

契約書に署名・押印したところ、契約書の内容を十分に把握していなかったために、トラブルになることがあります。
例えば、そのような条項があることを認識していなかったであるとか、その条項の意味が分からなかったのような場合です。
この場合、義務を要求されている方と、義務を要求している方とどちらに落ち度があるのでしょうか。
署名・押印の意味としては、契約書の内容を認識し、その内容で合意することを証明するためです。
すると、契約書全体に目を通してなく、また、意味の分からない条項がある段階で、契約書に署名・押印してはいけないのです。
署名・押印をしたならば、契約書全体に目を通して、すべての内容について一応の理解をしたと推定されるからです。
契約書に署名・押印をするときには、きちんと契約書全体に目を通し、分からない部分があればきちんと尋ねましょう。
これを怠ると、思いもかけず義務を負担することになります。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。