熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

相続

生きているうちが華

生きているうちが華という言い回しがあります。
相続についても、生きているうちが華といえます。
相続というと、ご自身が亡くなった後の出来事にすぎないとお考えの方も多いことでしょう。
たしかに、相続は、ご自身が亡くなることにより開始します。
しかし、この相続で家族が争い合うことになることも珍しくありません。
また、ご存命中に、ご自身の亡き後についての思いがある方もいらっしゃることでしょう。
しかし、ご自身が何の準備もなくなると、その思いを実現することができません。
そこで、生きているうちに、ご自身の亡くなった後についても準備を進めるべきなのです。
相続が始まった後に相続人ができることがは限られています。
ほとんど何もできないといっても良いくらいです。
しかし、ご自身であれば、遺言書に代表される準備を行うことができます。
そして、いつその最期が訪れるかは、誰にも分かりません。
ご自身が亡くなった後に、ご家族が争わなくても良いように、是非準備をされることをお勧めします。
特に、ご自身の相続人となる方々の関係が単純でないのであれば、相続争いは極めて高い可能性で起こります。
そのような争いを回避したり、また、軽減したりできるのは、被相続人となるご自身が生きているときにしかで来ません。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。