熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

雑談

弁護士に相談に行ってみれば・・・

弁護士に相談に来られる方は、当たり前のことですが、弁護士に相談すれば法的解決の糸口がつかめると思われてきます。
そして、どなたかに弁護士に相談に行くように勧める方も、これも当たり前のことですが、そのどなたかが弁護士に相談することで法的解決の糸口がつかめると思って、勧めてくださっています。
多くの場合、そうです。
従って、弁護士に相談することを勧められた方は、弁護士に相談をすることで、法的解決の糸口をつかめると期待して、弁護士の元に来ます。
その期待自体、多くの場合間違いではありません。
しかし、時として、そうではないときがあります。
裁判所で弁護士に相談するように指示されることがあります。
もちろん、裁判所も、その方に、弁護士に相談することで、法的解決の糸口を見つけてもらうことを期待していることが多いです。
しかし、中には、法的解決方法がないときに、裁判所が法的解決方法がないといえないので、弁護士に下駄を預けるため、弁護士に相談に行くように指示することもあるようです。
ただ、弁護士に下駄を預けるために弁護士を相談するように指示するときの裁判所の顔は、それまでの説明で少し困った雰囲気を醸し出しているかもしれません。
また、ご自身で手続きを進めるのがとても大変そうな方に、弁護士に相談に行くように勧めるパターンもあるようです。
そのような場合は、単なる相談ではなく、依頼した方がよいことも少なくありません。
ただ、どのような場合でも、相談されれば熱心に助言するのが弁護士です。

ところで、このナズナ想が連載されている総合サイトがリニューアルされます。
みなさまにより利用されやすいホームページになると思います。

 

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。