熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

雑談

書面

今日が第1回目の手続で、すんなり和解が成立しました。
かかった時間は5分でしょうか。
相手方はご本人が出頭してきました。
とても和やかな雰囲気でした。
ふと、自分が裁判所に提出した書面を見直しました。
裁判所には正本と副本を出します。
正本と副本は同じ内容で、副本が相手方に送られます。
実に客観的な事実を淡々と述べた内容でした。
弁護士が裁判所に提出する書面には、修辞語がつくことがあります。
例えば、「被告は、あろうことか、・・・・」の「あろうことか」などです。
このような修辞語を使うと、依頼者受けは良いです。
依頼者から頼もしく思われるようです。
相手方が一生懸命このような修辞語を使いながらも、私に勝たせてもらった経験もあります。
裁判所にはあまり役に立たないようです。
相手方からの印象が悪くなることはいうまでもありません。
中には、相手方の代理人の訴訟活動を無意味に攻撃する弁護士もいます。
訴訟的には有害無益です。
もし、私が依頼者受けを狙った書面を提出していたなら、今日の手続はすんなり終わらなかったかもしれません。
しかし、そのような書面が依頼者の利益になりました。
一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。