熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

刑事事件

勾留前弁護

逮捕されると、48時間以内に検察官に送致されます。
いわゆる「送検」です。
そして、検察官は、送致を受けて24時間以内かつ逮捕されて72時間以内に、裁判官に勾留請求をしなければなりません。
この勾留請求を裁判官が認めると、10日間の勾留と呼ばれる身柄拘束がなされます。
勾留されるかどうかは、逮捕された人にとっては重大な問題です。
勾留させないという弁護活動が必要になります。
この勾留請求がなされるまでの弁護活動が勾留前弁護です。
ただ、この勾留前弁護の段階で国選弁護人が選任されるのはまだ先のようです。
今日、検察官の勾留請求を裁判官に却下してもらうことに成功しました。
少し自慢しています。
一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。