熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

雑談

裁判の目的

真実を知りたいので裁判を起こしたい。
そういう方がいらっしゃるかもしれません。
そのような方は、きっと、「大岡越前」であるとか、「遠山の金さん」といった、裁きを下す立場の人が、市井に出て、真相を明らかにする時代劇を好きな方かもしれません。
きっと、お上が真相を明らかにしてくれるに違いない。
そう思われているかもしれません。
現実の裁判は、そうではありません。
請求をする者、刑事裁判であれば検察官が、民事裁判であれば原告が、真実を明らかにしなければなりません。
ご自身が積極的に証明を行うことで真実を明らかにして、ご自身の請求を裁判所に認めてもらうのが裁判です。 
真実を知りたい方は、明らかにするべき真実がなんなのか分からないわけですから、裁判を起こしてはいけないと思います。
それは、目隠しをして走り出すようなものです。
勝ちようがないと思います。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。