熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

交通事故

評価

交通事故の被害に遭われた依頼者の方から、どこの医療機関が良いかを尋ねられることがあります。
交通事故の損害賠償請求裁判をしていると、お医者さんの診断書を目にする機会が多くなりっます。
特に、外傷性頸椎捻挫、外傷性頸椎症候群、いわゆるむち打ちの被害を受けた依頼者が多く、整形外科のお医者さんが書いたの診断書を多く目にするようになります。
別々の依頼者が同一の医師がそれぞれの方に作成した診断書をお持ちになることがあります。
直接お話をお伺いするお医者さんもいます。
すると、お医者さんの善し悪しの雰囲気も少しですが、お話しできることもあります。
私が先日適切と思うお医者さんをお教えした依頼者の方が、お喜びの声を寄せてくれました。
どこのお医者さんが良いというお話はしやすいです。
逆にどこのお医者さんが悪いというお話は差し控えています。
どこのお医者さんが悪いというお話は、名誉を毀損したとか、営業を妨害したと言われかねません。
それに、相性という者もいます。
同一のお医者さんに治療をしてもらった別々の依頼者の方で、一方の依頼者の方からの評価は高いのですが、他方の依頼者からの評価は低いということもありました。
評価をすると言うことは難しいことです。
一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。