熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

雑談

思い出話

私が大学院生の後半、熊本県北部の温泉ホテルで夜間常駐警備のアルバイトをしていました。
その業務の内容は、夜間に3回ホテル内を巡回することと、フロント業務でしたので、宿泊しているお客様とお話をすることもありました。
その頃は、バブルが崩壊しかけていた頃でしたが、職場の慰安旅行のお客様も少なくありませんでした。
そのような慰安旅行にこられていた団体の中には、食品卸の商社の方もいらっしゃいました。
その頃は、食材にこだわったグルメ漫画も人気が出始めた頃でした。
そこで、私は、何の気になしに、ロビーで休憩をされていた食品卸の商社の方に、そのグルメ漫画の話題を振ってみました。
すると、その方は、不機嫌そうに、そのグルメ雑誌が取り上げているような食材をそろえるのが大変であることを話されていました。
しかも、値段をかけないでそろえることは。
その頃から一般の消費者にも食材に対するこだわりが生まれたのかもしれません。
食品の偽装表示、不正表示のニュースに触れて、ふと思い出します。


一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。