熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

雑談

ルールに対する信頼

少し時期に外れたお話です。
東日本大震災のとき、行列に並ぶ被災者の姿が外国メディアに驚きを持って映りました。
他方で、フィリピン台風禍では、略奪が起こり、銃撃戦まで起こったそうで、町から逃げてくる人々の姿が映し出されていました。
日本人とフィリピン人との国民性の違いとして説明することもできるでしょう。
では、どうしてそのような国民性の違いが生まれたのでしょうか。
風土の違いもあるでしょう。
温帯に属し、四季のはっきりした風土と、熱帯に属し雨季と乾季に分かれた風土の違いはあるのかもしれません。
ただ、それ以上にルールに対する信頼の強さの違いがあるのではないでしょうか。
日本では、災害が起こっても、秩序が回復し、ルールが実現されます。
きっと、東日本大震災で略奪行為を行えば、警察が捜査を行い逮捕し、検察が起訴を行い、裁判所が裁判を行うことでしょう。
少なくとも、国民にそのような信頼があるのではないでしょうか。
世界には、司法的機能が十分に作用していない国も少なくないと聞きます。
そのような国では、大災害が起これば、略奪が起こりやすくなるのではないでしょうか。
一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。