熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

離婚

離婚とお子さん

離婚に際して、そのご夫婦にお子さんがいれば、親権とか、養育費、面会交流が解決されるべき問題といえます。
そのなかでも、今回は、面会交流を中心にお話をしていきます。
面会交流というと、離婚後に、お子さんと同居していない親が会うという制度ですが、離婚していなくても、別居中であれば、面会交流を行う必要があります。
また、面会交流というのは、面会、すなわち会うということだけでなく、電話、メール、手紙などによる交流も含まれていると考えられます。
ただ、面会交流がうまくいかないものも少なくありません。
調停などで面会交流について決めていても、守られないことがあります。
私は、面会交流を求める側の相談・依頼を受けることもありますし、面会交流を求められる側の相談・依頼を受けることもあります。
そして、面会交流を求められる側の方には、相手方にお子さんに会ってほしいと希望される方もいらっしゃいますが、離婚の調停や裁判を戦っているわけですから、なかなか会わせたいとは思いにくいと思います。
しかし、面会交流はお子さんの利益でもあります。
というよりも、面会交流で受ける利益は、お子さんが受けるものが最も大きいと思います。
ただ、お気持ちの問題もありますので、性急な解決が難しいでしょう。
それでも、お子さんの利益という観点から、できることがあります。
まず、お子さんの前で、相手方の悪口などを言わないで下さいということです。
離婚で争っている相手方であっても、お子さんにとっては大好きな親です。
お子さんに対して、相手方の悪口を言うことは、お子さんに心理的負担をかけるだけでなく、心理的な児童虐待と評価される危険があります。
それから、お子さんが気軽に相手方の話題を出せるように、相手方の話題をタブーにしないで下さいとお願いしています。
お子さんが相手方の話題を出した途端に空気が凍るような環境は、お子さんに強いストレスを与えることになり、お子さんの健全な生育に決してよい影響を与えません。
お子さんが、一緒に暮らしていない親に「会いたくない。」と言うことがあります。
これは、とても不自然なことです。
児童虐待、殴られたりした身体的児童虐待を受けたお子さんでさえ、その親を求めます。
このように、お子さんにとって親は大切な存在です。お子さんは、一緒に暮らしていない親に会いたいと思うのが自然です。
それを、「会いたくない」というのは、一緒に暮らしている親の影響と考えることが自然です。
お子さんは、幼ければ幼いほど、親の庇護がなければ生きていけません。お子さんは本能的にそのことを知っていますので、これも本能的に親の顔色を見ます。
一緒に暮らしている親が、お子さんが一緒に暮らしていない親と会いたいといったときに、言葉に出さなくてもいやそうな表情をし、逆に一緒に暮らしている親と会いたくないといったときに、嬉しそうな表情をすれば、お子さんは、一緒に暮らしていない親と会いたくないといえば、一緒に暮らしている、自分を庇護している親が喜ぶことを学習します。
当然、一緒に暮らしている親に会いたくないといいます。
だから、お子さんが、一緒に暮らしていない親に会いたくないといったときには、一緒に暮らしている親が、お子さんに対して、一緒に暮らしていない親に会ってほしくないというメッセージを送っていることが少なくありません。
離婚や別居した方で、一緒に暮らしているお子さんが、相手方に会いたくないといっているときには、ご自身の態度などを見直した方がよいこともあります。
それから、離婚や別居の原因や理由をどのようにお子さんに伝えるかということがあります。
お子さんは、特に幼いお子さんの場合、離婚や別居の原因がお子さん自身にあると考えがちです。
自分がよい子でなかったからお父さんお母さんが別れるようになったんだと考えたちです。
そこで、離婚や別居がお子さんが原因ではないことを伝えることが大切です。
ただ、離婚や別居の原因や理由の説明はどのようにするかは、慎重に検討するべきです。
お子さんには隠し事をしない、本当のことをいうという方もいらっしゃいます。
ただ、離婚や別居の原因や理由になった事情を、お子さんに説明しても、お子さんは理解できないことが多いです。
それに、本当のことといっても、その本当のことというように認識していることが、客観的な事実、真実と合致しているとは限りません。
すると、離婚や別居の原因や理由の説明を行っているつもりでも、相手方の悪口をひたすらお子さんに言っているということにもなりかねません。
これは、お子さんを苦しめるだけです。
慎重に考えなければなりません。
 
一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。