熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

離婚

実は私

その芸能人が今日のテレビ番組に出ていたのですが、実は私、その芸能人夫婦の離婚裁判が気になっています。
離婚というのは、夫婦が合意さえすれば、自由にできます。
夫婦が合意したと言うことが最大にして唯一の理由です。
しかし、合意ができないとき、判決の力で離婚します。
そのとき、判決で離婚が認められるために必要なのが、民法770条1項に定められている離婚原因です。
不貞、悪意の遺棄、3年以上の生死不明、強度の精神病になり回復の見込がないとき、婚姻を継続することができない重大な事由の存在のいずれかに該当することが必要です。
婚姻を継続することができない重大な事由には、DVのようなその行為をした配偶者が慰謝料を支払うべき責任を負うようなものから長期間の別居のような夫婦の破綻状態のものまであります。
そして、破綻状態と言うためには、客観的な状態が必要だと私は理解しています。
破綻状態として、家庭内別居、仮面夫婦の主張が相手方から出てくると、私の方が有利であることを確信することができます。
家庭内別居、仮面夫婦の根拠として主張される、寝室が別であるとか、夫婦の会話がないとかいうのは、どこの夫婦でも見られる可能性がある状態です。
それをもって破綻しているということは難しいような気がします。
ところで、最近の流行に「モラハラ」の主張があります。
私は、「モラハラ」が離婚原因になることはないと思います。
言葉というのは、それを受け取る人によって感じ方が大きく異なることがあります。
これが方言になれば、違う方言の人が聞くと喧嘩を売っているように聞こえることも珍しくありません。
またモラルというのは、内心の問題であり、夫婦の間でよって立つモラルが異なることはあり得ることです。
すると、「モラハラ」というのは、結局は「性格の不一致」ではないでしょうか。
ちなみに「性格の不一致」だけの理由で離婚を認めた裁判例はないと私は理解しています。
ほとんど「モラハラ」だけで離婚を求めた裁判がどのような結論になるのか、とても気になります。
おそらく和解(裁判での話し合い)で離婚するのだとは思いますが。
一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。