熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

離婚

時間を惜しまないでください。

私は、弊事務所における初回の法律相談については、無料で承っています。
法律相談だけで解決できるお悩みもあります。
是非ご利用ください。
ところで、どうして、私は初回の法律相談を無料で承っているのか。
それは、これから依頼をしようという趣旨で、弁護士に法律相談を申し込むとき、それに応じる弁護士の法律相談は、「見積り」と同じ機能を果たします。
どのように解決をしたいのか、どのような見通しを持っているのか、そのような方針で進めるのか、どれだけの費用がかかるのか、そして、お互いに信頼関係を作ることができるのか。
これらを見積もるのです。
見積もるという趣旨で、弊事務所における初回の法律相談を無料にしています。
他方で、ご自身で法律問題、たとえば離婚調停を解決するおつもりで、必要な知識を得るために、私の法律相談をご利用される方もいらっしゃいます。
そのような利用の仕方それ自体、間違った利用の仕方ではありません。
かつて、私のもとに、毎月のように通い、数回の法律相談を利用して、私の助言を得て、裁判に勝訴された方がいらっしゃいました。
その方は、とても勉強されていました。
ただ、そのような方は、希有な存在です。
少なくとも、私の無料法律相談をご利用の方においてはそのように感じます。
たとえば、離婚調停をご自身で進めるについて、必要な知識を得るために、私の無料法律相談をご利用されるとします。
その方にお願いしたいことがあります。
少なくとも、離婚調停の仕組みは勉強していていただきたいと思います。
そして、交渉術の文献、たとえば「ハーバード交渉術」程度は読んでいていただいた方がよろしいと思います。
欲をいえば、「民法判例百選Ⅲ」で、ご自身の問題と関係のありそうな判例に目を通していただいた方がよいとは思います。
私がご依頼を受けるのであれば、手続の進行に従って、必要なご説明をしていきます。
しかし、30分から1時間程度の時間で、その方に必要な助言を尽くすことは不可能と考えます。
丁寧にご説明をしようとすれば、時間が少なすぎます。
数時間かけても足らないでしょう。
数時間で伝えきることができるほど、私の離婚手続におけるノウハウは浅いものではないという自負はあります。
時間内に説明を尽くそうとすれば、わかりやすさを犠牲にしなければならなくなります。
確かに、調停の仕組みを勉強したり、ハーバード交渉術や民法判例百選Ⅲを読んで勉強するには時間が必要です。
ご自身の権利・利益を守るためです。
ご自身の権利・利益は、そんなに安っぽいものではないはずです。
費用を節約しても、時間を惜しまないでください。
 
一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。