熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

刑事事件

高畑淳子さんの記者会見を聴いて思うこと

日付が変わって昨日、高畑淳子さんの記者会見を移動しながら聴きました。
成人した息子の不始末に親が出てきて記者会見をする必要があるかどうかという話はあります。
しかし、その話はここではおいておきます。
高畑淳子さんの記者会見は、誠実かつ責任のある態度だったと感じた方も少なくないように思います。
そして、その記者会見の内容は、被害者対応において、模範的ともいえました。
まず、冒頭で、被害者に対して謝罪をしました。
そして、記者会見の全体を通して、被害者に対する謝罪の気持ちを表していました。
ともすると、同情を引こうとして、ご自身の都合を蕩々と述べる方もいらっしゃいます。
高畑淳子さんの場合、女手一つで育ててきたのですから、それなりのご苦労があったはずです。
しかし、女手一つで育てたという事実は、被害者にとって関係のない事実です。
被害者に対する謝罪において、被害者に対して謝罪をしなければならないのに、そのような被害者にとって関係のないご自身の都合を述べることは、厳に慎むべきと考えています。
高畑淳子さんは、記者会見で、その事実には一切言及しませんでした。
これは、非常に良いことです。
さらに、高畑淳子さんは、留置場での面会の際、留置されている息子さんに対し、ご自身が母親としてサポートすることを伝えたそうです。
罪を犯した人が更生するために、そのサポートをしてくれる人の存在はとても重要です。
それ以上に、逮捕・拘留され、自らが存在価値がないとさえ考えているような状況の下で、家族で居続けるというメッセージは、更生にとって役立つはずです。
ご家族が逮捕・拘留されたとき、甘えさせるべきではないということで、面会にさえ行かないこともあるかもしれませんが、これは、更生にとって、とても大きなデメリットになると思います。
息子さんに接見した弁護士のアドバイスもあったのかもしれません。
他方で、記者の質問で、被害者に謝罪に行ったのかというものがありました。
芸能記者というのはその程度の見識なんですね。
被害者に対する謝罪、特にわいせつ事犯の被害者に対する謝罪については、被害者の身上に十分に配慮して、慎重に行動する必要があります。
拙速に押しかけるものではありません。
高畑淳子さんの記者会見を聴きながら、そのようなことを感じました。 
一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。