熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

企業法務

会社のトップ

会社で一番偉い人は誰でしょう。
社長さん。
そういう答えが一般的でしょう。
株式会社でも、社長さんという答えが最も多いでしょう。
株式会社というのは、社会の遊休資本を結集して作る会社で、「所有と経営の分離」が原則的な会社です。
所有と経営の分離というのは、会社の所有者というのは株主ですが、株主は多数に上り、散在していて、出資分に応じた配当を受けることができればよいという考えの方が多く、経営に対する意欲と能力があまりないことが多いので、経営は経営の専門家である取締役に任せようという考え方です。
ですので、株式会社の理念に従うならば、会社の所有者である株主に委任される「雇われ社長」が原則的な形です。
しかし、大部分の会社は、このようなけいたいにはなっていません
ただ、多くの中小企業では、出資をして会社を作った方(株主)がそのまま社長になるオーナー社長の形態が多いと思います。
そこでは、株主=社長ですし、社長がその会社の唯一の株主であることが多いので、少数株主権を行使するような野党的株主も存在できませんから、社長は絶対君主です。
誰も社長に逆らえません。
ただ、世代交代の中で、中小企業でも、所有と経営の分離が実現することがあり得そうです。
オーナー社長が後継者を定めて社長の地位を譲るような場合です。
このとき、ご自身の株式もすべて譲るのであれば、この後継者の方もオーナー社長として絶対君主になり得ます。
しかし、先代社長が、ご自身の株式を譲らなければ、先代社長は、社長でなくなったとしても、株主であることは変わりません。
しかも、唯一の株主です。
このような立場は、社長よりも強い立場といえます。
なぜなら、株主は、株主総会により、社長を解任することができますし、社長の報酬を定めることもできますから。
後継者を探されているオーナー社長の方は、後継者と目星をつけている方に任せてみてはどうでしょうか。
株式まで譲渡しなければ、取り返しがつくことはあります。
 
一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。