熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

交渉

交渉の外のこと

北朝鮮を巡る情勢は緊迫しているように思えます。
ニュースを見ていると、第2次朝鮮戦争も起こりかねないという危惧を持ちます。
第2次朝鮮戦争が起こると、日本も無事ですまない危険もあります。
何とか外交的解決をしてもらいたいものです。
外交的解決とは、もちろん、交渉による解決です。
武力による解決ではありません。
わかりきったことのように思えます。
しかし、外交は武力による解決と無関係ではありません。
国の指導者は、最終的に外交的決断をするとき、戦争になったときのリスク、国内的なリスクを考慮に入れるものです。
相手国の要求を拒否すれば相手国と戦争が起こる危険が高く、相手国と戦争したときに敗戦の危険性が高く、かつ、相手国の要求に従ったときに内戦が起こる危険が低いのであれば、相手国の要求に従う方向で検討をすると思われます。
企業対企業の交渉においても、シェア、資本、特許などの無体財産などにで構成される企業価値、企業力が交渉に影響を与えることはあります。
しかし、裁判所で行われる交渉は、交渉の外の事情はほとんど影響しにくいように思います。
たとえば、調停において、相手の要求を受け入れなければ相手から組み伏せられたり、殴り倒されたりするようなことが起こることは、少なくとも国内の裁判所では、滅多に見られることではありません。
そこでは、ほとんど、発言の内容のみが考慮の対象になります。
北朝鮮問題におけるトランプ米大統領のような勢いで発言しても、相手にはその発言に同意する理由が見つからないでしょう。
あくまでも、理性的で合理的な交渉が求められます。
裁判も、裁判所を説得して自らに有利な判断をしてもらうということでは交渉に属します。
ここでも、裁判の外の事情は考慮の対象にならないものです。
裁判の外で騒いでも、ほとんど意味はないと思います。
ただ、マスコミで悪者として取り上げられた人に対する裁判所の判断は、とりわけ厳しいような気がするときもあります。
 
一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。