熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

交通事故

私の憲法記念日

穏やかな天候でしたので、事後現場に行きました。
ちなみに、ご相談の時には、グーグルのストリートビューを一緒に見ながら、事故状況をお伺いします。
そして、人身事故の場合、実況見分調書(現場の見分調書)が作成されるのですが、その図面を見ていても事故状況の具体的なイメージをつかみます。
今日書面を作成していた交通事故では、実況見分調書を見ても、事故状況の具体的なイメージをつかむことができませんでした。
そこで、事故現場を見に行きました。
すると、実況見分調書とは、違いがあることがわかりました。
現場は大事ですね。
ただ、平日では業務が立て込んでいて、思い立って現場に行くことはなかなかできません。
休日が幸いしました。
ところで、今日は憲法記念日なんですね。
憲法は形式的には法律ではないルールです。
法律より上にあるルールです。
そして、六法は、憲法、民法、商法、刑法、民事訴訟法、刑事訴訟法を指します。
この六法の中で、この70年の間に改正をされていないのは憲法だけです。
70年前と現在とでは、国際状況に大きな変化があります。70年前にPKO活動を想像することはできなかったでしょう。
国内状況も、70年前はビラ貼りや集会などが主な情報発信手段だったのが、現在ではブログやSNSを使った情報発信が登場するなど、70年前からは想像もできない変化があります。
このような社会の変化があるのに、憲法は、少なくともその条文において70年前のままです。
憲法が、それだけ柔軟に対応することできるルールであると考えることもできます。
主権者である私たち国民1人1人が憲法を考える機会となる日でした。
 
一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。