熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

離婚

婚姻の更新

平成29年5月6日放送の「メレンゲの気持ち」に出捐した熊谷真実さんが興味深い話をしていました。
熊谷真実さんは、結婚記念日の度に、結婚生活の更新を行うそうです。
「この1年はどうしますか?」
「この1年もよろしくお願いします」
というように。
すばらしいことだと思います。
仲が良い夫婦でなければできないように思います。
「婚姻の更新」
みなさまもされてみてはどうでしょうか。
婚姻に適度の緊張感を持つことができますし、新婚の時の気持ちに戻ることができるかもしれません。
理屈では、婚姻は、常に自動更新されているといえます。
しかし、年に1回、言葉にすることで、婚姻をリフレッシュできることが期待できます。
大事なことは、言葉にすることが必要ですから。
では、「更新しない。」と言われたときにはどうなるのでしょうか。
婚姻を更新しないと言うことは、婚姻を終了させると言うことで、これは離婚です。
「離婚しよう」と言われたときと同じように考えて良いと思います。
お互いに、離婚することに合意すれば、離婚することができます。
しかし、どちらかが離婚することに合意しなければ、離婚できません。
それでも離婚したいときには、離婚調停、離婚裁判を利用する必要があります。
「婚姻を更新しない」ときも、同じことがいえます。
相手が婚姻を更新しないことに合意しなければ、離婚できません。
ところで、離婚に合意するだけでは離婚することはできません。
たとえ、離婚届に必要な事項を記載して、保証人の署名押印をもらって、お互いに種名押印しても、それだけでは離婚できません。
この離婚届を市区町村役場に提出しなければ、離婚することができません。
離婚届が市区町村役場に提出されるまでであれば、いつでも離婚を止めることができます。
いったんは離婚に合意して、離婚届に署名押印していてもです。
離婚届に署名押印していても、養育費について、面会交流について、財産分与について、慰謝料について、ほとんど決めていなかったのできちんと決めて離婚したいと考えたり、離婚そのものをしたくないと考えることがあります。
そのようなときには、市区町村役場に、離婚届についての不受理届けを提出しておけば、市区町村役場は離婚届を受理しません。
そして、離婚調停、離婚裁判で、養育費、面会交流、財産分与、慰謝料についてしっかり議論したり、離婚そのものを争うことができます。
熊谷真実さんのお話から話がそれてしまいました。
 
一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。