熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

雑談

文書

政治問題で省庁における文書の存否が取り上げられていました。
裁判でも、文書の存否がとても大切な役割を果たします。
契約書、領収書などが典型でしょうか。
契約は、原則的に、当事者の合意だけで成立します。
従って、契約の成立に契約書の作成は必要ありません。
ただ、当事者で、契約書の作成により契約を成立させる合意があれば、契約書の作成は必要になります。
では、原則的な場合、何のために、契約書を作成するのか。
それは、紛争を予防するという役割があります。
契約で定めた代金の金額、支払時期、支払い方法などで、お互いの認識に違いが出てきたとき、契約書を作成しておけば、契約書の内容を確かめて、お互いの認識を共通にすることができ、紛争を予防できます。
そして、紛争が起こったときに証拠としての役割があります。
契約書には、相手が署名、押印しています。
このように相手が関与して作成した文書、特に相手の押印がある文書は、裁判所を説得しやすく、証拠としての価値が高いです。
そして、契約に関わる裁判で、契約書がなく代金を請求したり、契約書に書いていないことを主張したりすると、裁判所に請求や主張を認めてもらうハードルが一気に高くなります。
裁判では、このように、相手が関与して作成した文書というものがとても大切になります。
相手が関与して作成した文書でなくても裁判所を説得するのに役に立つものに日記があります。
日記は、そのときそのときに、誰かに見せることを予定せずに、ご自身の記憶や認識を残すために書くものです。
そのため、日記には、真実が書かれていることが多いといえます。
ただ、ときとして、その裁判で主張することの証拠になりそうなことしか記載されていない日記が裁判に提出されることがあります。
そのような日記はとても不自然な印象を受けてしまいます。
裁判でも、文書は大切な役割を果たします。
 
一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。