熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

雑談

九州横断

今日は、九州を横断して東九州の裁判所に行きました。
本庁にはJRなどの公共交通機関で、支部には私自身が運転する乗用車で行きます。
ここでいう本庁というのは、地方裁判所、家庭裁判所の本庁で、都道府県庁所在地にある裁判所です。
ただ、北海道には、札幌のほかに、室蘭、旭川、釧路に本庁があります。
東京地裁・家裁については、都庁所在地を東京23区ととらえると都庁所在地にあることになりますが、新宿区を都庁所在地ととらえると、東京地裁・家裁がある千代田区は都庁所在地ではないのかなと思います。
話がそれましたが、県庁所在地については、それなりに公共交通機関の便がよいので、公共交通機関を利用します。
ただ、熊本から宮崎地裁本庁に行くのは便利がよくありません。
公共交通機関を利用するのは、1つには、楽であるといえます。
運転する必要がありませんし、書物を読んでいたり、記録に目を通したりすることができるので楽です。
そして何より、交通費の計算が明確です。
熊本県外や熊本県内でも天草や人吉の裁判所に行くときには、依頼者の方に交通費をお願いします。
このとき、自動車で移動すると、自賠責の基準で計算をします。
これは道のり1kmに15円をかけて計算をします。
高速道路を利用したときには、高速料金を加えます。
これが、公共交通機関だと、きわめて明確に出てきます。
そこで、公共交通機関を利用することが多くなります。
公共交通機関の費用については、JRについては、新幹線での移動をお願いしていますがグリーン席のような贅沢は申しませんが、航空機については、1、000円割高になりますが、JALのJクラスの利用でお願いしています。
交通費を負担してくだされば、大抵のところには行きます。
ただ、支部の裁判所、熊本県内であれば阿蘇、玉名、山鹿、天草、八代、人吉にある裁判所が支部の裁判所に当たりますが、公共交通機関の便がよくないことが多いです。
ある支部に行ったときには、JRが1~2時間に1本しかなく、すでにJRが出た後で2時間待ちで、バスも1時間待ちという経験をしたことがあります。
ですので、支部の裁判所に行くときには、車を運転していきます。
今日は支部の裁判所でしたので、車を運転していきました。
今日の九州は、よく晴れていて、気持ちよく運転することができました。
 
一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。