熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

交通事故

役に立つ弁護士費用特約、役に立たない弁護士費用特約

何事にもお金がかかります。
ご自身の権利や利益を実現しようとするときも、お金がかかります。
交通事故被害者も例外ではありません。
かかるお金で弁護士費用は代表的なものです。
相手方の保険会社から顧問医の意見書が出てくることがあります。
これに対抗するために、私たちも医師に意見書をお願いすることがあります。
この意見書については、主治医にお願いしても書いてくれることについては期待薄です。
主治医は臨床医でお忙しいということもあるのでしょうが、意見書を書くことに慣れていないのかもしれません。
そこで、業者に発注します。
当然に費用が必要になります。
このようなときにも、弁護士費用特約・弁護士保険が使えると、助かります。
弁護士費用特約・弁護士保険は、交通事故被害者の方が、損害賠償請求をするに当たり、弁護士の費用や弁護士に依頼したときの実費を、一定の範囲(300万円以内のものが多いように思います。)で、保険会社が負担をしてくれるというものです。
弁護士費用特約・弁護士保険は、交通事故被害者にとって大きな武器になります。
ところが、医師の意見書を発注する費用については、弁護士費用特約では負担しないという保険会社がありました。
弁護士費用特約について、交通事故被害者になったときには、その差は大きく影響しそうです。
おかげさまで、いろいろな保険会社の弁護士費用特約を体験することができています。
どこの保険会社のものが良くて、どこの保険会社のものはやめた方が良いか。
ここから先のお話しは差し控えることにしましょう。
 
一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。