熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

交通事故

交通事故の被害者とは

私は,交通事故の被害者の立場の方からご相談やご依頼を受けることが大多数です。
私だけではなく,交通事故に力を入れている弁護士の多くが交通事故の被害者の立場の方~のご相談やご依頼を受けていると思われます。
ただ,この「被害者」という言葉の意味が必ずしもはっきりしているわけではないところがあります。
このようなお話を聞くと,不思議に思われる方もいらっしゃるかもしれません。
例えば,青信号で横断歩道を渡っていた歩行者が進行してきた車両にはねられた場合,はねた車両に100%の過失があると考えられています。
このようなとき,はねられた歩行者が被害者であることは間違いがないことです。
歩道のない道の右側を通行していた歩行者が進行してきた車両のはねられたときも同様です。歩行者がふらふらと歩いていない限り,はねた車両に100%の過失があると考えられていますので,はねられた歩行者が被害者であることには間違いないといえます。
これに対して,幅員の同じ道路が交わる交差点で,左方から来た単車と右方から来た四輪車が衝突したとき,四輪車が減速していれば単車と四輪車の過失割合は45:55が基本となります。修正要素によっては,この過失割合が逆転することもあります。
過失割合が小さい方が被害者と考えると,被害者と考えていた方が結果的に加害者になることもあり得ます。
ご自身の契約している保険会社の担当者から,その方の方が過失割合が大きいといわれ,わざわざその保険会社が依頼する弁護士のところまで連れて行かれ,その弁護士からもその方の方が過失割合が大きいといわれた方が,裁判所の判断では,その方の方が過失が小さかったということもあります。
ちなみに,交通事故証明書で,「甲」に記載している方が加害者,過失割合が大きいという都市伝説があるようです。
交通事故証明書で「甲」に記載されていた方でも,裁判所の判断で,その方の方が過失割合が小さかった方ということもあります。
被害者であるかどうかは簡単な判断ではないようです。
私は,相手に損害賠償請求をしたいと思われている方であれば,ご相談やご依頼を受けています。
お気軽にどうぞ。

 

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。