熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

離婚

迷惑な人

離婚裁判で,女性の弁護士が夫側の代理人だったとき,法廷で,妻から終始睨まれ続けていたという話を聞いたことがあります。
離婚に関する問題に限らず,相続にしても,おおよそ家庭裁判所で行われる手続は,地方裁判所で行われる手続に比べ,当事者本人が参加する割合が高いと感じていますが,理屈でないところ,感情に手続が影響を受けることが多いような気がします。
秋田で弁護士が殺害された事件ほどではないですが,弁護士が遭難することも,離婚に関する問題であることが多いように思います。
そもそも,弁護士は代理人です。
依頼者の方の意向を無視して,弁護士が主導的に何らかの行為をすることはないと考えています。
特に,相手の方に対する働きかけについては,依頼者の方からの要請があるから,行うのです。
相手に対する働きかける内容は,依頼者の意思です。
しかし,それをご理解いただけない人もいらっしゃいます。
よくあるものとして,「直接交渉をしないでください。」というお願いです。
弁護士に依頼して,これから離婚調停とか,離婚裁判を進めていこうという依頼者の方にとって,相手から直接交渉されることほど,迷惑で困惑するものはありません。
だから,弁護士からの書面に,「直接交渉しないでください。」という言葉が入るのです。
しかし,そこをご理解いただけない人もいらっしゃいます。
そして,弁護士が,ご自身と依頼者の方の間を引き裂いているんだとでも考える人もいらっしゃるようです。
考えるだけなら,誰にも迷惑を掛けないのでよいのですが,その誤った,自己中心的な考えに基づいて攻撃的な行動に移す人もいらっしゃいます。
そういう人には,本当に迷惑をします。

 

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。