熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

雑談

10年

東日本大震災から10年です。

あの日,私は,日本弁護士連合会(日弁連)の委員として東京の弁護士会館にいました。

前もって東京でのご相談の予約をいただいていた方のご相談を受けたのが午後1時頃でした。

それから,会議に出席していました。

地震が起こったとき,会議は白熱していました。

建物が揺れて初めても発言は止まりませんでした。

東京でも揺れは大きく感じました。

上から見ると,日比谷公園に多くの人が集まっていました。

夕方になり,浜松町から東京モノレールに乗るため,福岡の弁護士と歩き始めました。

浜松町駅にも人が多くいました。

そこで,羽田空港が閉鎖されていることを知りました。

私たちは,浜松町駅周辺のホテルを訪ね歩きましたが,いずれも満室でした。

私たちは,また,歩いて,弁護士会館に戻りました。

多くの人の群れを逆行して歩きました。

とても疲れました。

弁護士会館に着くと,地下1階から入り,17階まで階段を上りました。

弁護士会館は,東京弁護士会,第一東京弁護士会,第二東京弁護士会,関東弁護士会連合会,日本弁護士連合会がそれぞれ入っていて,日本弁護士連合会は15階から上になります。

そして,17階で会議が行われていました。

18の階を上らなくてはなりませんでした。

死ぬかと思いました。

私たちは,弁護士会館に戻る途中で夕食を取っていたのですが,弁護士会館では夕食を用意していました。

さらに,毛布まで備蓄していました。

この備えに驚きました。

日弁連の職員の皆さんは,私たち弁護士のために,よく動いてくれていました。

その夜は,弁護士会館17階の会議室に体を横たえました。

ニュースはもちろん航空会社や空港などのサイトを確認して,情報収集に努めました。

しかし,SNS系のものは見ませんでした。

翌朝,山手線は止まっていました。

歩いて浜松町に向かう私の横を東海道新幹線が走りすぎました。

新幹線の技術力の高さを感じました。

私は,翌日の正午ころ,熊本空港に戻ってくることができました。

インターネットが発達していますので,かつてに比べると驚くほど情報を集めることが容易になっています。

しかし,皆様もご存じの通り,インターネット上にある情報がすべて正しいわけではありません。

その中から,正しい情報を集めることが難しくなっています。

私の場合,信用できそうなサイトに限定して,情報を集めたことがよかったと思います。

ただ,私の経験は,福島,岩手などで東日本大震災を経験された方に比べれば取るに足らないものです。

また,あまり報道されていませんが,その周辺の地域でも小さくない被害が出ていたと聞きます。

10年。節目ではあります。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。