熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

交通事故

弁護士からみた弁護士費用特約

みなさんは,自動車保険などに弁護士費用特約を付帯させているでしょうか。
交通事故の被害に遭ったとき,弁護士に依頼して損害賠償請求を行う費用を補償してくれる特約で,1度使えば元が取れるくらいお得なものですので,まだ特約をつけていない方はこの特約の付帯を検討されてはどうでしょうか。
昨今は,弁護士費用保険として,独立に販売している保険会社のあるようです。
ところで,この弁護士費用特約,保険会社は弁護士の請求通りに支払うとお考えでしょうか。
ご自身が交通事故に遭って,それとは別に法律上の問題(これを便宜的にA案件と言いましょう。)を抱えているとき,弁護士に交通事故とA案件を依頼するとき,すべての弁護士費用を弁護士費用特約を利用することでご自身が弁護士費用を負担しないで済まそうと考えたことはないでしょうか。
弁護士に対してこのような申出をすれば,ほぼ例外なく,断られることでしょう。
そもそも,そのような行為は詐欺という犯罪に該当しますが,保険会社は弁護士の請求通りに弁護士費用を支払ってはいませんので,詐欺に該当しないとしても,実現はしません。
ほとんどの保険会社は,弁護士費用特約で弁護士費用を支払うとき,LAC基準という基準で計算した金額を支払っています。
この計算の前提となる経済的利益についても,費目ごとに金額を出しています。
そこで,保険会社が,経済的利益が合理的で,LAC基準に照らして正しいと判断した金額を支払います。
そのため,支払ってもらえない金額もあります。
そのようなときはどうするか。
私は,ホームページ上において「交通事故ではご契約の自動車保険に附帯されています弁護士費用特約をご利用できます。弁護士費用特約をご利用のときには、その特約で定められている限度額の範囲内であれば、ご自身で費用を負担することはありません。」としているので,本来,弁護士費用特約の範囲内に弁護士費用が納まるとき,すなわち保険会社が支払を拒絶した金額は,依頼者の方にお支払いをお願いすることはしていないです。
では,どのようなときに弁護士費用の支払いを拒絶されるのでしょうか。
1つに,冒険的な請求があります。
例えば,自賠責の等級認定では14級なのに,8級くらいで請求をするような請求です。
すると,保険会社から,8級なんて認められるわけないという感じで,支払を拒否されます。
ただ,保険会社が,8級がとれたら残りの着手金を支払いますよということがあります。
ちなみに,最近,保険会社から,そんな等級がとれたら残りの着手金を支払いますよといわれた等級付近での和解案を裁判所から出してもらえて,その内容で和解することができました。
そこで,早速,その保険会社に残りの着手金を請求したところ,支払ってもらえるそうです。
さすが,大手の保険会社です。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。