熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

雑談

テレワーク

今年度第1回の会議がありました。
日弁連の委員は,6月開始の任期ですので,今月行われる会議が第1回になります。
ちなみに,私は,国選弁護本部の委員です。
このご時世ですので,テレワークでの会議です。
午後10時30分開始でしたので,テレワークでなければ,朝1番の航空便で,阿蘇くまもと空港を発たなければ間に合いません。
それが,テレワークですと,いつも通り事務所に出てきて間に合います。
東京出張だと1日つぶれますが,テレワークですと,その会議に時間の直後に打ち合わせや法律相談,裁判の予定を入れることができます。
テレワークだと移動しませんので,体力面でも楽です。
日弁連も経費を節約できています。
東京に出張しても日当を出してもらえませんが,交通費は出してもらえます。
その交通費を節約できます。
テレワークはいいことばかり。
ただ,情報は,時として雑談から手に入れるものの方が価値があったりします。
日弁連の会議室で行われる会議では,会議の中で聞こえてくる雑談であるとか,そこでの発言から貴重な情報を手に入れることができます。
テレワークでの発言は,発言が錯綜することが少なく,どちらかというと整理されたものになりがちですが,現場では様々な発言を聞くことができます。
その発言に対する他の委員の表情もみることができます。
言葉ではないところの情報がテレワークでは落ちがちになります。
東京霞ヶ関の弁護士会館の地下には書店が入っています。
多くの法律専門書を置いています。
それらの書物の中には,熊本で手に入れるには時間がかかるものもあります。
東京出張では,そのような書物を手に入れたりすることができました。
隣接する日比谷公園で東京での季節の移り変わりを感じたりと,非日常的業務でのつかの間の息抜きを感じることもあります。
テレワークの便利さを感じつつ,寂しさを味わっています。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。