熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

離婚

調停委員が中立であることと調停で弁護士を依頼するメリット

離婚調停などの調停を行うについて,最初に調停委員は「中立」という説明を受けます。
これを楽観的に理解している方もいるようです。
「中立」という言葉は,「相手の味方をしませんよ」と「あなたの味方もしません。」との両方の意味を持っています。
理屈では皆さんわかっているのだと思います。
ただ,目の前でこの言葉を言われたとき,なぜか安心をされる方もいらっしゃいます。
「相手の味方をしません」ということだけで理解しているような気がします。
「あなたの味方もしません。」と言われていることについて理解していないように思います。
先日の調停で,調停委員が,中立ですという説明に加え,中立というのは相手の味方もしないし,あなたの味方もしないと言うことですと説明していました。
丁寧な説明だったと思います。
調停委員が中立であることを示す典型例として,調停が成立する場面があります。
申立人と相手方の間に合意が成立すれば,調停が成立します。
成立した調停には,審判に対する抗告や判決に対する控訴のような,後日においてその結論の是正を求める手続がありません。
最終的な決定になります。
そのような場面で,調停委員も立ち会って成立する調停であるから,ご自身にとって,それほど不都合な内容はないだろうと考える方もいらっしゃるようです。
確かに,それほど奇妙な内容で調停を成立させることはまれかもしれません。
ただ,その成立した調停により,後日起こりうるリスクを調停委員は説明してくれません。それは,調停委員が「中立」だからです。
それに,調停委員のほとんどは,普段は紛争に関わらない仕事をしていますので,それぞれの調停条項からどのような紛争が起こるリスクがあるかをイメージするのも難しいのかもしれません。
もちろん,依頼を受けた弁護士であれば,依頼者の味方ですので,後日起こりうるリスクも検討しますし,検討することができるだけの知識と経験を持っています。
弁護士に依頼すれば調停が有利になるかを問われることがありますが,弁護士が依頼を受けて調停に同席する最大のメリットは,ここにあるように思います。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。