熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

交通事故

交通事故での加害者側の対応

交通事故における加害者側の対応というのは,交通事故の解決に大きな影響を与えます。
人には感情がありますので,当たり前のことです。
私の知人で,追突事故を起こしてしまい,すぐに知人の整備工場に被害者の車を運び,代車も用意してという対応をした人がいます。
交通事故を起こしても,誠実に対応すれば,被害者としても,ここまで請求しなくてもよいかなという気持ちになることもあります。
しかし,残念ながら,そうではない加害者が多くいらっしゃいます。
ぶつけたのに車から降りもしない,謝りもしない,見舞いにも来ない。
任意保険の中には,1回は見舞いに行ってくださいというようなことがパンフレットのような類に記載されていることがあります。
損害賠償というのは,お金の問題ですが,被害者にとってはお金だけの問題ではないことが多いです。
加害者が,任意保険でお金が払われるのだから,謝ったり,見舞いに行ったりしなくてもいいやと思う人もいるかもしれません。
加害者がそのように思っているのではないかという行動を取っていると,被害者としても,請求できるものは何でも請求してやろうという気持ちになっても仕方がないことでしょう。
また,加害者が誠意を示そうとしすぎて,その後の解決を難しくすることもあります。
交通事故の損害にはそれなりの基準があります。
その基準を超えてまで任意保険会社は損害賠償金を支払うことはしてくれません。
ところが,加害者が,その基準を無視したようなことを言ってしまっていることがあります。
例えば,「すべてこちらでもちます。」的な発言です。
しかし,裁判所でも,「すべて」を損害として認定してくれないこともあります。
加害者としては,誠実に被害者に対応してもらいたいところですが,無責任な発言をしてもらっても仕方ありません。
また,保険会社,共済の担当者の対応が,被害者を不愉快にすることもみられます。
担当者は,事故対応のプロのはずなんですが,被害者の不満は多いです。
そういえば,治療費の立替払をしない保険会社もあるようです。
治療費の立替払を保険会社がしなければならないということでもありません。
被害者が治療費を負担し,その金額を損害として加害者に賠償請求をすればよいともいえます。
ただ,保険会社が治療費の立替払をしているのが一般的なので,これをしないとなると,被害者の加害者に対する感情は悪化せざるを得ないのではないでしょうか。
示談というのは,当事者の合意ですので,被害者の感情を不必要に悪化させない方が得策だと思います。
加害者側の保険会社が,示談など考えない,すべて裁判で決めていうという方針であれば,その保険会社相手には,すべて裁判を起こしていこうとは思います。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。