熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

交通事故

提案取りの示談

交通事故の示談交渉で,相手の保険会社から私の提案通りに応じるとの回答をいただくことができました。
この保険会社とはいろいろありました。
この保険会社をとりあえずA会社と呼ぶことにします。
A会社は損保では大手に属する会社だと思います。
そのA会社が提案する示談案はとても金額の低いものでした。
私は,A会社を被害者に厳しい損保会社№1と考えていました。
相手の保険会社がA会社のときは裁判だなと思っていました。
そんなとき,A会社から示談の提案がないので,A会社に電話をしたことがありました。
そのとき,A会社の担当者から,どうせ裁判いするんだろうと言われました。
私は,依頼者が納得すれば,示談に応じると答えました。
そのときのA会社の提案は依頼者が納得するもので,示談に応じました。
ここ数年の状況として,A会社の提案も依頼者が納得できるようなものになってきました。
私の提案をそのまま受け入れてもらえたことも何度があります。
A会社と並ぶ損保の大手の保険会社でも私の提案をそのまま受け入れてもらえたことがあります。
その2社よりも小さい保険会社では何が何でも減額しようとしてきますので,裁判にせざるを得ないことが多くなってしまいます。
そんな保険会社から,私の提案は,他の弁護士よりも高額だと言われたことがあります。
そんなことはないと思います。
基準満額で請求しているだけですから。
主婦の場合休業損害の計算について見解の相違が生じやすいことから,後遺障害等級に該当するほどの後遺症があるときには保険会社が示談で出せる金額と私たちの請求する金額の差が大きいことから,相手が大手でないときにはおはなししたとおりの理由で,私の提案通りの示談にはなりにくく,裁判にせざるを得ないこと多いといえます。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。