熊本の弁護士|交通事故,離婚の山崎法律事務所

相続

終活するとしたら

瀬戸内寂聴さんが亡くなられました。
報道されていることによると,瀬戸内さんはそれなりの資産をお持ちのようで,また,現在の秘書の方をかわいがっているようなので,その秘書の方が遺産を相続するのかに興味がわくこともあるでしょう。
家裁は,瀬戸内さんに相続人がいなければ,瀬戸内さんのお世話を最後までしたこの秘書の方に,特別縁故者として,遺産の全部又は一部を,与えることも可能です。
しかし,瀬戸内さんには,お子さんがいらっしゃるそうです。
すると,瀬戸内さんの遺産は,このお子さんが相続することになります。
相続で,遺産分割の手続きを進めていると,○○はお父さんの面倒を一つも見なかっただったり,△△はずーっと音信不通だっただったりで,そういう人が相続するのがおかしいというお話しが出てくることがあります。
ただ,相続は,戸籍の記載に従って形式的に決まりますので,廃除などがなされない限り,被相続人との関係がどのようなものであったとしても,お子さんは相続人になることができます。
秘書の方は,瀬戸内さんの遺産の分配を請求することができる立場にはないことが原則です。
ただ,瀬戸内さんは,説法の中で,人は必ず死ぬという話をしているようです。
すると,瀬戸内さんは,ご自身の終活も行っていた可能性があります。
終活で大切なことは,ご自身の死後に,残された人の間にトラブルを起こさないことでしょう。
もし,瀬戸内さんが秘書の方に遺産を与えたいと考えていたのであれば,遺言書を作成したり,養子縁組をしたりしているかもしれません。
遺言書を作成すれば,相続人でなくても,遺産を贈与することができます。
養子縁組をすれば,相続人となることができます。
遺言書と養子縁組を組み合わせることもできます。
このような終活は,残された方にとって,とても大切なことです。
しかし,瀬戸内さんがこのようなことをしていたら,きっと,週刊誌やワイドショーは,この秘書の方について,遺産目当てだったという論調で騒ぎ立てることでしょう。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。