熊本の弁護士|交通事故,離婚,相続の山崎法律事務所

雑談

このころ

裁判の期日というのは1ヶ月間隔で入ります。
ただ,コロナの影響で,離婚調停などは2部屋ずつ使うようになったので,2ヶ月間隔で入るようになって,進み具合が,コロナ前に比べて遅くなっています。
ところで,このころになると,コロナ前でも,裁判の間隔が開くことが見られます。
裁判官は,概ね2~3年で転勤します。
そして,このころには,裁判官は次の勤務先を知らされているようです。
先ほど申しましたように,裁判は1ヶ月間隔で入りますので,1ヶ月後に転勤があるか否かについて裁判官は知っている必要があります。
そのため,3月下旬~4月上旬に裁判の期日が入るか否かは,その担当している裁判官が転勤するか否かを知る目安になります。
この3月下旬~4月下旬に裁判の期日が入れば,担当している裁判官が4月以降も担当するんだと分かるわけです。
裁判官の中には,1月くらいに,転勤すると教えてくれる方もいらっしゃいますが。
それで,3月下旬~4月上旬に裁判の期日が入らなかったときに,私が裁判官に転勤ですかと尋ねたところ,書記官の異動だったことがあります。
裁判官が転勤しなくても,書記官が異動するときも,3月下旬~4月下旬に裁判の期日が入らないことがあるんです。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。