熊本の弁護士|交通事故,離婚,相続の山崎法律事務所

離婚

連れ子の養子縁組

連れ子がある方が再婚するとき,お子さんについて,再婚相手と養子縁組をされるでしょうか。
養子縁組をした方が,お父さん又はお母さんと呼ばせやすいと言うことがあるかもしれません。
まず,法律的には,養子縁組をすると,再婚相手が養親となり,お子さんを扶養する義務が生じます。
養親が第1順位の扶養義務者になります。
実親が,お子さんのために養育費を支払う義務を負っていれば,その養育費について,免除されたり,減額されたりすることができます。
これは,自動的に免除されたり,減額されたりするのではないので,そのような立場の方は,相手と話し合うか,家庭裁判所に調停を申し立てる必要があります。
相手との話合いや調停がまとまってもなく,審判も確定していないのに,ご自身の判断で養育費を払わなかったりすると,差押を受けてしまいます。
再婚相手と養子縁組しなければ,養育費が減額されたりしません。
次に,お子さんは,再婚相手が亡くなったときに第1順位の相続人になります。
再婚相手に他のお子さんがいれば,それらのお子さんと同順位での第1順位の相続人です。
再婚相手と養子縁組をしなければ,不慮の事故などで,再婚相手が亡くなっても,お子さんは,何も相続することがありません。
第3に,親権者変更がなされるリスクです。
親権者変更は,離婚して1人でお子さんを養育している状態を前提とした規定です。
そのため,再婚相手と養子縁組がなされると,1人でお子さんを養育している状態ではなくなるので,親権者変更ができなくなります。
連れ子があって再婚をされるとき,養子縁組をするか否かは悩ましい問題です。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。