熊本の弁護士|交通事故,離婚,相続の山崎法律事務所

雑談

脅迫ですか

弁護士が書面を送ることがあります。
弁護士からの書面は怖いようです。
弁護士から書面を受け取った人の中には,脅迫されたという人もいるようです。
私は,相手に書面を送るとき,「デス・マス」調で書き,できるだけ礼儀を失しないように注意をします。
しかし,私からの書面を受け取った人の中にも,脅迫されたという人がいるようです。
不思議なんです。
私は,「夜道は月夜だけではない」というような脅迫文言を欠いたことは1度もありません。
違法な行為をほのめかしたこともありません。
法律のことをほとんどわからない人が書いた催告書・警告書などには,そこに書いてあることを現実に行えば犯罪だろうということを書いていることもあります。それは脅迫です。金銭の要求も一緒にしていれば恐喝です。例え,請求することが法律上許されている金銭であっても,そこに脅迫がなされれば,恐喝になります。
ちなみに,裁判を起こす予定もないのに裁判を起こすと告げれば,これは脅迫になります。
私たち弁護士は,法律の専門家として,そんな恥ずかしいことを書いたりしません。
怖いと思われるかもしれませんが,決して脅迫しているものではないと思っています。

一覧ページに戻る
top

熊本の町医者的法律事務所です。
法律の専門家に
お気軽にご相談下さい。